わいせつ 性被害 神戸

わいせつ 性被害 神戸

16歳の少女にわいせつな行為をした疑いで逮捕された57歳の男でした。
出会い系サイトで知り合った少女にわいせつな行為をしたとして逮捕されたのは神戸新聞社の阪神総局長だったのです。
警察は、余罪についても捜査していいます。

この容疑者は「生活全般がうまくいっていないというストレスで援助交際した」と話しているそうです。

 

ストレス発散 援助交際 神戸

容疑者は神戸市西区の職場である阪神総局からおよそ30km離れたホテルで、当時16歳の少女に現金2万円を渡し、胸を触るなどのわいせつな行為をしたといいます。
この4カ月後、少女が警察に保護されたことで事件が発覚しました。
少女が援助交際をしていたことを警察に話したため、少女の携帯電話を調べたところ、この容疑者の番号が見つかったのです。
容疑者は、わいせつな行為をする前に、少女に年齢を聞いて、成人していることを確認したと話しているようですが、少女自身は「(中西容疑者に)年齢は言っていない。聞かれてもない」と話しています。
容疑者は「この少女以外とも援助交際をしていた」とも供述しており、警察は、今回の事件以外に容疑者が約30人と援助交際を続けていたとみて、調べを進めています。

神戸新聞は、「何があってもあってはならないことである」とし、この容疑者を阪神総局長から外す人事異動を発表しています。

 

未成年と性行為 美人局

未成年との性行為は、美人局の被害に遭うこともあります。
未成年の美人局は、上記の事件のように金を払ってどうこうするだけでは済まなくなるのです。
美人局の被害者が児童買春の犯罪者にされてしますのです。
大変危険なトラブルです。
早期対策が必要でしょう。
トラブル解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

※無料相談はしていません。