強盗 強姦 埼玉

強盗 強姦 悪質

埼玉県上尾市周辺で5人の女子中高生に性的暴行を加えたとして少年2人が逮捕されています。
強姦と強盗強姦などの罪に問われたのは、現在は20才になった男と19歳の少年です。
裁判員裁判の判決公判がさいたま地裁で開かれ、裁判長は懲役23年(求刑・懲役25年)を言い渡しました。

 

執拗な性的暴行 レイプ

抵抗されないように若い女子中高生を狙っており、
また刃物を突き付ける犯行態様は「執拗(しつよう)で悪質」と指摘しています。
犯行当時19歳だったことに関しては、未熟であったと認めながらも
「本件犯行が許されないものであることは十分理解できたはず」と述べています。
一方で、両親が被害者への賠償を行っていることや、元少年が性犯罪防止プログラムを受講していることも考慮した判決です。

判決によると、元少年は2013年11月から2014年6月にかけて
上尾市、桶川市内で、当時14歳から17歳の女子中高生5人に性的暴行を加えるなどした上、
うち3人から現金計約4600円を奪ったといいます。

 

性犯罪の注意点

性犯罪は、被害者が公にしないことがあります。
事件化することで自分に起きたことを周知されることになるからです。
こういった面からも、上記の事件のほかに余罪がある可能性も考えられるのです。
事件の真相は分かりません。
水面下での解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼下さい。

※無料相談はしていません。