シニアの性トラブル

シニアの性トラブル

日本は、少子化とシニア世代の増加が加速する一歩ですね。
元気なシニア世代は、若者たちよりも活発で元気です。
結婚相談所に登録して人生のパートナー探しにいそしみ、楽しい生活を送る人がいる一方で
多くのトラブルも勃発しています。

 

性的虐待、70代臨時職員解雇 問題

70代の男が40代の女性に性的な虐待を行った事件が明らかになりました。
山形県の社会福祉法人県身体障害者福祉協会が運営する福祉施設で事件は起こりました。
70代の男性臨時職員が、障害のある40代の女性利用者に性的虐待をしたというのです。
この男は解雇されています。

性的虐待行為があったのは先月11月の中ごろだと言います。臨時職員の男は勤務時間中に被害者と2人だけになった際に胸を触ったというのです。この施設の利用者の知人から施設側へ連絡が入り事件が明らかになりました。聞き取りに対して、臨時職員の男はは事実を認めたといそうです。

この協会は村山地方で4施設を運営しており、臨時職員の契約は1年更新でした。協会側は、事実が発覚後に女性の利用者に対しては女性職員が対応する態勢づくりを進めていると説明しており、心のケアに努めていくと話しています。職員が利用者の人権を守って自立支援に当たるよう、周知と指導を徹底していくそうです。

 

シニアのトラブル 施設トラブル

シニアが起こす施設トラブルは、職員によるものだけではありません。
施設の利用者間での恋愛トラブルも起こっています。三角関係やストーカー問題、性的な被害も起こっています。
深夜に女性の部屋を訪れる癖がある施設利用者のご家族からの相談も寄せられます。
トラブルの多いシニア世代。
恋愛トラブルは家族も巻き込む、公に出来ない家族トラブルにも発展します。

トラブル解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
※無料相談はしていません。