シニアの婚活トラブル!

シニアの婚活トラブル!

若い世代では晩婚化が進む一方で、中高年層が新たな伴侶を求める活動が盛んになっています。
「シニア婚活」中高年を対象にした結婚情報サービスが増えているのです。
シニアの法律上の婚姻や同居を必ずしも相手に求めないといった、中高年ならではの特徴もあるようです。

そういった背景もあり、シニアの方の婚活が活発な一方でトラブルも起こっています。
国民生活センターによると、「結婚相手紹介サービス」をめぐる相談で、60歳以上の割合が昨年度は17%と、4年前より3ポイント高まっているそうです。

 

結婚相談所でのトラブル!

まず、業者選びを慎重におこなわなければなりません。
「解約時の返金額に納得がいかない」
「相手を紹介してくれなくなった」といった苦情が国民生活センターには多く寄せられているようです。
紹介された外国人と結婚しようとしたら、何百万円もの仲介料を求められたケースもあったそうですよ。

また、無事に結婚したシニアカップルにも問題が起こっています。
経歴詐称ならぬ、病気を隠しているケースです。
シニア世代は何かと病気はつきものですが、認知症を隠していると言うケースが多く、
「認知症だと知っていたら結婚していない」という当事者や、ご家族からの相談が寄せられています。

認知症の場合は、他にもトラブルを抱えている場合も多いので避けたいと考えるのは当然のことかもしれません。
想像以上に早い介護問題がのしかかってくる可能性は否めないのです。

 

 

 

シニア世代の再婚!介護と遺産問題

シニアと言えば、介護と遺産の問題は多くの方が想像していることでしょう。

ここに、恋愛トラブルや金銭問題がのしかかるとどうでしょうか?
「再婚なんてしなければよかった・・・」
そう思っても、家族の反対を押し切って再婚した場合などは、一人で悩んでいることだとおもいます。
どうしてよいのか分からない人もいるのです。

アイ総合コンサルタントでは、多くの男女トラブルの解決依頼が寄せられます。
特に最近多いのが、このシニア世代の男女トラブルです。
シニア世代のストーカー問題も増えています。
若いころとは違い、落ち着いた人間関係だと一見思われがちなシニアの交際ですが、
実際は、執着と抑えきれない、我慢が出来ないという年齢ならではの感情が募りに募って爆発寸前と言うこともあります。
会社での地位が高かった人ほど、受け入れられないことに納得がいかないと言う傾向も見え隠れしています。

男女トラブルの解決は、早期にご依頼ください。
長引くほどに解決は難しくなります。