画像脅迫 ストーカー大阪

支配と優越感 画像脅迫 ストーカー 大阪

女子中学生にわいせつ行為をさせる様子を携帯電話のカメラで撮影したとして36歳の男が逮捕されました。
大阪府警生活安全特別捜査隊は、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、大阪市東淀川区豊里の会社員の男を逮捕しました。
この容疑者の携帯電話には他にも数人の少女らのわいせつ動画などが約170本も保存されていたそうです。
わいせつ画像は、脅迫のネタにもなれば、売買など金に換えることも出来るのです。
また、大人と少女の出会いにも問題がありますね。

 

大人と少女の出会い 出会い系トラブル

容疑者は門真市向島町のコインパーキングに止めた車内で、インターネットのブログを通じて知り合った大阪府内の女子中学生にわいせつな行為をさせました。
そして、その様子を携帯電話のカメラで動画撮影したとされています。
「動画を撮影すると、女の子を支配しているようで優越感に浸れた」と話していると言います。

また、別の女子中学生からのストーカー相談を受けた府警が浅原容疑者に事情を聴いた際に、画像の存在が発覚しました。ストーカー行為については府警が警告で対処したようです。

 

出会い系 ストーカー カメラ撮影

出会い系で会った相手にストーカー行為をされるのは、行動範囲が知られているからでしょう。
画像を取られて脅迫される場合は、あなたの住所などが知られている可能性があります。
学校や職場、アルバイト先などが知られている場合は注意が必要です。
画像脅迫や映像恐喝などのセクストーション被害、ストーカー行為など定期的に行われる可能性があります。
早期解決が望ましいと言えるでしょう。
アイ総合コンサルタントへご相談、ご依頼ください。

※ 無料相談はしていません。クライアントのみの対応です。