セクハラ被害には証拠の確保

セクハラ被害は、何にも優先して証拠の確保を

セクシャル・ハラスメントは、まず、受けることで苦痛を味わいます。
しかも被害を告発すれば、「必ず」といってよいほど、セカンド・ハラスメントの被害を受けることになります。
被害を認められたとしても、傷は癒えません。
せめて「泣き寝入り」しないためには、どうすればよいでしょうか?
動かぬ証拠を、なんとしても確保しましょう。

警察に電話を

肉体的被害を受けたら、身体を洗わずに「なる早」で警察へ電話を
相手の体液が自分の身体に付着するような性的被害を受けたとき、その汚らしく忌まわしい体液だけでも「早く自分の身体から落としてしまいたい」と思うものでしょう。口の中ならうがいと歯磨き、身体ならシャワーなど。
でも、これは「証拠の確保」という面から見ると、何よりもまずい対応です。気持ち悪い体液が、わずかなりとも身体のどこかに付着している状態のまま、警察に電話しましょう。
「身体を触られた」だけでも、証拠確保は可能なことがあります。相手が手で自分の身体に直接触れただけでも、相手の身体の一部であったはずのものが、自分の身体の表面に、わずかなりとも残っているかもしれません。
警察は、電話を受けて、証拠確保を行うことの可能な医療機関等を紹介してくれるはずです。
そこに行き、被害内容を訴え、証拠を確保してもらいましょう。
場合によっては体内から証拠を確保するという苦痛を味わうことにはなりますが、相手のDNAを含む何かを確保できれば、その後はずっとラクになれます。
「デートDV」など、合意があったとみなされる可能性があっても同様。
それでも、警察あるいや裁判所に、最終的には「自分の意思で」「合意して」とみなされる可能性はあります。
特に女性が男性から被害を受けた場合、「警察や裁判所は基本的には男の味方」と考えておくくらいの用心深さが必要です。理不尽ではありますが。
その「基本的には男の味方」である機関を女性がが動かすためにも、証拠がなければ話になりません。
どんなに辛くても、泣きながらでかまいません。まず警察に電話を。

何もなくても、せめて記録を

うっかり身体を洗ってしまった、あるいは、「辛くて警察など第三者に連絡するなど無理すぎる」という場合には、せめて記録を残しておきましょう。
公開する必要はありません。というより、うかつに公開すると、あなたが名誉毀損を犯したことになりかねません。そこは慎重に。
記録を残す場は自分のパソコンやスマホでもよいのですが、記録した時刻や記録履歴が残る手段、できれば時刻の修正が不可能な手段が望ましいです。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご相談ください。

※無料相談はしていません。