虚偽 性犯罪!でっち上げ

虚偽の性犯罪!でっち上げの迷惑行為

国税で働く警察を何だと思っているのか・・・
税金の無駄遣いは政治家だけではないようです。
そもそも民事不介入の警察を個人間での問題に使うのは間違っている。
声を大にして言いたいのは私だけではないはずです。
警察官も無駄なことに時間を費やしたくはないはずです。
嘘の性犯罪、レイプ、痴漢、ストーカーなどをでっちあげて警察を騒がせるのはやめて欲しいです。

 

アイドルが嘘の性犯罪被害申告

女性アイドルグループのメンバーの22歳の女性が、性犯罪に遭ったと大阪府警に申告していました。
しかしその後「嘘だった」と説明したことが分かりました。この迷惑な女性は「ライブに出なくて済むと思った」と話しているそうです。

府警によると、この女性は20日、大阪府内の自宅周辺で性犯罪の被害に遭ったと府警に訴えました。しかしその後の事情聴取で「実際には被害を受けていない」と説明を一転させ、被害届を後日取り下げたそうです。

ブログには20日付で「ストーカーの被害に遭った。精神的なショックが大きいため、しばらく活動を休止する」とあり、
21日に東京で開かれたライブへの出演を取りやめていました。
警察への届け出が嘘だったことについて、グループの運営側は、23日付のブログで「慎重に事実確認を進める」としています。

 

虚偽の報告で警察の職務を邪魔するアイドル

性被害も嘘、事情聴取でよく「被害を受けていない」と説明できたものです。
無い事件を自ら作り、自ら公にしておいて・・・
22歳の女性が行う現実が恐ろしいです。
警察はこのような人物の対応も無碍にはできないのですから大変です。
虚偽被害の報告に時間を費やし、何をやっているんだろうと疑問を感じる事も多いことでしょう。
でっち上げ事件で警察を使わないでほしいものです。
22歳の大人です、ライブをしたくないならアイドルを辞めればよいでしょう。他の仕事を選択することに考えをシフトしましょう。

トラブル解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。