隣人トラブル

Aさんの住む地域は住宅街で、Aさんの家と隣の家との間にごみの集積所があります。
これまでは大方ごみ出しのルールは守られてきましたが、ある日を境に頻繁にごみ出しのルールを守らない人が現れてきました。
燃えるゴミの日に燃えないごみを出したり、2日も前から出したり、ちゃんとネットもしていないので、野良猫やカラスが増えてごみを散らかしたり、朝早くからカラスの鳴き声がしたり、ゴミ自体の臭いもしてくるので、何とか早く犯人を見つけようと様子を見ていましたが、最近引っ越してきた若い夫婦が犯人ということが判明しました。
その若い夫婦に何度か直接抗議をしましたが、「わかりました、気をつけます。」という言葉を繰り返すだけで、一向に改善してくれないという状況です。
ゴミ出しのルールを守らない人やルール違反者への対処法
どこの町内会、マンションなんかでも起こりうることなんですけど、これは社会的なルールとか道徳とかマナーなどの部類に該当します。
その部分に法律が介入するというのはどうなのかという感じがしますが、どうしても話し合いで解決ができないということであれば最終的には法律に訴えるしかないということです。

ごみの関係の具体的な法律といれば、廃棄物処理法やリサイクル法などの法律がありますが、ここの問題のごみ出しのルール違反については、そこまでの法律は適応できるのかなということになります。
ただし、ごみ出しのルールを守らないことで野良猫やカラスがごみを散らかし、悪臭がしたりすることによって人格権やプライバシー、名誉や生活を妨害するとか、いわば人格権みたいなものが侵害され、生活妨害が発生しているとういうことであれば法律的に保護しないといけないということになります。
ですから、まずは忠告をして、どうしてもだめな場合は法律的な解決という流れになります。

従って今回のゴミ出しのルールの問題については、あまり法律が介入しても現実的な問題解決になるかどうかはかなり疑わしいです。
逆に言えば法律が介入して近隣の問題になった場合に、かえって感情が複雑になってしまう場合があります。
今回Aさんが若い夫婦に直接抗議をしたということですが、あまり直接抗議をしてしまうとお互いに感情的なものもあるので、かえって複雑になる可能性があります。
ですから、ごみ出しのルールにつきましては、町内会でしっかり話しあって全体に周知させ、それでも守らないという人が出てくるのであれば、その人に直接ではなく町内会を通して注意してもらうほうがいいです。

他にも住宅街などで、捨てたゴミの中を見られてしまうというトラブルもたまにありますが、ごみというのはそもそも所有権を放棄したものになるので、見る行為を規制する法的な根拠はありません。
したがってその見る行為、見てはいけないという規制する根拠、法的な根拠はありません。
捨てたものはもうどうされても仕方がないため、見られて困るようなものについてはきちんと処分した上でごみ出しをしなければいけません。
ただし、そのあと捨てたものを使われたり悪用されたりするとなるとプライバシーの侵害ということで、法律的に解決していくことができます。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご相談ください。

※無料相談はしていません。