これってセクハラ?セクハラ冤罪

セクハラ警察官

警察官や公務員のセクハラ問題はニュースで取り上げられることがあるので特に多いような気がしますが、
これだけの被害を公務員が起こしているのであれば、一般企業ではもっと多くの被害があるでしょう。
あなたは、それを許すことができますか?

 

勤務中に警察官が同僚女性にセクハラ!

警視庁綾瀬署(東京都足立区)署員の男女4人が内規上の処分を受けて辞職していたことが分かりました。
女性の警察官を勤務中の交番に泊まらせたり、セクハラ行為をしたりしたとして、署員の男女4人が内規上の処分を受け、今月までに辞職していたことが同庁への取材で分かったそうです。同庁は「4人の行為はいずれも懲戒処分には当たらない」として公表していなかったらしいのですが・・・。

同庁によると、同署地域課の男性巡査部長は今年に入って、勤務中に交番を訪ねてきた女性警察官とキスするなどしていました。
同課の別の男性巡査は勤務する交番にこの女性警察官を泊まらせました。

それぞれ女性警察官が承知のうえでのことで、交番勤務が1人態勢になる時間帯だったようです。

さらに同署生活安全課の男性警部補はこの女性警察官に対して、セクハラ行為をしたといいます。

一連の問題は、女性警察官が警部補のセクハラ行為について相談したことをきっかけに発覚したようです。懲戒処分にしなかった理由について、同庁幹部は「行為の性質や勤務に与えた影響を総合的に勘案した」と説明しています。

 

一人だけセクハラ?セクハラの冤罪トラブル

この女性警察官のセクハラ問題。なんだかおかしな気がしせんか。
上記の二人は女性警察官が承知の上でキスや泊まるといったことが行われ、
一人だけセクハラ行為をしたとされています。
このセクハラ行為が発覚したのは、女性警察官が警部補にセクハラ行為の相談をしたからです。
では、女性警察官の合意があった二人との行為は合意があったのでセクハラではありません。
と言うことは、
女性警察官と、合意をもらった二人の警察官の計三人は、勤務時間中に性的な行為をしたことで処分され、
一人だけセクハラで処分されたと言うことではないでしょうか。
ハッキリ書きにくい事件です。

セクハラトラブルの解決は、アイ総合コンサルタントにご依頼ください。