ちょっと待った!そのトラブル、警察に相談して大丈夫?

ちょっと待った!そのトラブル、警察に相談しても大丈夫?

前置きですが、
当社は、クライアント以外の方からの無料相談はしていません。
このホームページでも、公言している通りお金を支払っていただいたクライアント以外の方にお時間を使いたくないのです。
ですが、お問い合わせの中にはご自身に起こったトラブルを赤裸々に書いてくださる方もいらっしゃいます。
事実確認はしていませんのでそこがどうなのかは分かりませんが、特に女性の方から頂いた内容で同じような内容が続きましたのでご紹介しておきます。

警察に行ったら二次被害!精神的にも辛かった・・・

誰にも知られたくないトラブルで、女性に最も多いのがやはり性的な被害です。
女性なら想像できると思いますが、身体的にも肉体的にもボロボロになります。
しかも、その時だけではないんです。誰にも話していない方もいます。警察に行った方もいます。
ひとりで悩んで解決できた方は、いるのでしょうか・・?
ウツになったきっかけがレイプという話はよく聞きます。
引きこもりになったきっかけだったが性被害であったり、男性との交際ができなくなった方もいます。
これって、解決じゃないですよね。
警察に行った人は、大半が後悔しています。警察で二次被害に遭うからです。もちろん、警察官は規則のもとで忠実に業務をこなしているだけですよ。当然、するべきことを行っているんです。それを知っているからいかない人もいます。私も行きたくないですから・・・

 警察や弁護士に相談する前に アイ総合コンサルタントへご相談ください。

案件によりますが、警察に相談や被害届を出すように勧めることもあります。上手に使えるところは使っても良いと判断する場合もあるんです。
もちろん、嫌ならしなくてもいいんですよ。全ての決定権はクライアントが持っています。
ありとあらゆるトラブルを、法律に当てはめてもいいことにならない場合もあれば、カチッと当てはまることもあります。当然ですが、法律は起こったトラブルがどうにもこうにもならない時に仕方なく使うものです。実際、すべてのトラブルを法律に当てはめてしまうと、「なんで、こんな結果にしかならないんだ!」と理解に苦しむこともよくあります。法律を学んだ人たちが、はじめの頃だけそう思うんです。そして、どっぷり法律にはまってしまうと、何でもかんでも法律に当てはめるような頭にになってしまうのです。

法律家は法律家の良さがあります。必要なときに上手に使えれば良いのです。
なにも、初めからリスクを背負う必要は無いのです。

トラブル、悩みを解決するために事実をもとにあらゆることを精査し対策を考えていく中で、クライアントのトラブル、悩みを解決していきます。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。