増える男性のDV被害!

増えるDV被害!

ドメスティックバイオレンスの被害相談が年々増加しています。いわゆるDV被害です。

DVとは、配偶者や恋人からの暴力を受ける被害で、男性からの被害相談が近年、急増している。

警察庁によると、2010年から2013年との相談件数の増え方は、
女性の1・4倍に対して男性は4・1倍と増加しています。
この理由としては、社会における男性の立場の変化ではないかとみられています。

 

DVとストーカーの問題!

2001年のDV防止法施行後、警察はDV相談を受けた場合は、男女ともに「対応票」を作成しています。
被害の時期や頻度、どのような暴力であるのかなどを聞き取ったうえで、
〈1〉相手への指導・警告
〈2〉事件化に向けた捜査――などの希望の有無
を確認しています。

警察庁がこの対応票を集計してまとめた相談件数は、2001年が女性3553件、男性55件でした。
その後は、女性からの相談は年々増えて昨年は4万6252件に上りました。

そして男性はと言うと、絶対数では女性よりかなり少ないのですが、
10年まで1000件以下であったのが、11年に初めて1000件を超え、
12年2372件、13年3281件と増えています。

相談の内容としては
「独立したが会社がうまくいかず、妻が精神的に不安定になって、暴力が収まらない」
「彼女に刃物を振り回された!」といった内容などさまざまです。、

そして、全相談件数に占める男性の割合は、10年の2・3%から13年は6・6%に増えました。

 

男性のDV被害増加!貴方だけではありません!

男性のDV被害は、相談しずらい傾向があるといいます。
多くは、交際相手や奥様からのDV被害です。
家族の問題として公にせずに堪えている旦那様もいます。
また、彼女に別れ話を切り出せずに我慢している人もいます。
こうなってしまうと当事者間での対応は難しいでしょう。
交際トラブルは、アイ総合コンサルタントへご相談ください。