モラハラ いじめ問題

モラハラ いじめ問題

モラルハラスメント「モラハラ」問題の解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。
言葉や態度による精神的な嫌がらせが問題になっています。
社内でのいじめ、近隣住人とのトラブル、また家庭内でも問題になっています。
モラハラは、放置していてはいけません。
放っておいたからと言って改善する問題ではありません。
辛い日々は、あなたの精神を正常に保てない状態に導きます。

解決に向けて取り組みましょう。

 

大阪 モラハラ問題

大阪市内の衣料関係会社に勤務する50代女性が、同僚の60代女性に損害賠償を求めた訴訟の判決が大阪地裁でありました。
暴言や暴力の一部は録音・録画の証拠もあったことから、地裁は請求の大半を認め、60代女性に165万円の支払いを命じています。

判決によると、原告が会社に入社したきっかけは、少し前から同社に在籍していた60代の女性が、社長に口添えしてくれたからでした。
原告と60代女性は以前、別の会社でも一緒に勤務したことがあり、60代女性は別にもう一人の女性も同社に引き入れ、3人でお互いの誕生日を祝い合う良好な関係が続いていました。
もう一人の女性が21年12月に退社し、原告はそれまで60代女性の隣の席で仕事をしていたが、辞めた女性の穴を埋めるために別室に席を移しました。それ以降この2人の関係は急速に悪化し始めたそうです。
原告が前の会社の制服を返却していない事をはじめ、口汚い暴言を浴びるようになりました。
23年1月以降、勤務時間中はICレコーダーを懐に忍ばせ、トラブルがあるごとに携帯電話に内容をメモするようになった。当然、嫌がる素振りや抵抗もしたが、暴言が収まる気配はみじんもなかったそうです。

 

モラハラの理由 モラハラ解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

この事件は、何らかのきっかけがあるのではないでしょうか。また、なぜ原告は何度言われても制服を返さないのでしょう。席を変わったからという理由ではなく、何らかのきっかけが隠されているように感じます。
トラブルが起こる背景にはほとんど理由があります。はじめは仲が良かった者同士であればなおのことです。
その理由を知ること問題解決のスタートです。投資者間ではなかなか真相はつかめないかもしれませんが、裁判をすれば修復する問題とは到底考えらえません。
結果だけを見て訴訟をしても根本的な解決には至らないのです。
問題をすり替えているだけのように感じます。