自殺を考える前に!

自殺を考える前に出来ることをする!

日本における自殺は、女性よりも男性の方がはるかに多いのだそうです。
自殺を考えるには、それなりの辛い経験があるはずです。
死ぬ選択をするぐらいならば、辛く苦しい原因を拂拭するべきではないでしょうか?
金銭的に苦しいならば金を稼げばいい。
仕事が辛いならば、転職すればよい。
イジメがひどいならば、イジメを止めせせれば良いのです。
自分でできないならば、人の手を借りてでも費用をかけてでもするべきでしょう。
死ぬことを選択する必要はありません。

 

過労自殺判決? 勤務2カ月で命を絶った医師のパワハラ

公立八鹿(ようか)病院(兵庫県養父市)の医師(当時34才)の自殺問題。
派遣されてわずか2カ月で自ら命を絶ったのは、長時間労働とパワハラではないかと言う訴訟が行われました。
これに対し、病院と元上司個人の賠償責任を認め、計約8千万円の損害賠償を言い渡した判決がなされています。
夜間の緊急時のオンコールや宿直、長時間労働・・・
周囲のサポートが必要であるのにこれを行わないうえ、元上司2人によるパワハラ行為は卑劣なものでした。
自殺の5日前には「君は給料の4分の1から3分の1しか働いていない。仕事ができないことを両親に電話してやろうか」と言い放ったそうです。
他の医師らによると「約3カ月ほで8キロやせた。できれば記憶から消し去りたい経験」「蹴ったりたたいたり頭突きをしたり。ストレスのはけ口にされていた」などと振り返ています。
亡くなった医師の両親は、報告書でパワハラの詳細を初めて知り、
「なんで息子がこんなことに…」と泣きながら読んだことを明かしています。

鳥取地裁米子支部の上杉英司裁判長は、「厳しい言動と自殺に因果関係があった」と指摘しました。

 

内部告発はアイ総合コンサルタントへご相談ください。

パワハラやセクハラ、いじめと言った嫌がらせの行為は、上の立場の者が下の者に行うことが多く、当事者間での対応は大変難しい案件です。泣き寝入りしている人もいれば、転職を余儀なくされたり、精神的な病に社会生活がままならなくなるケースも起こっています。
こういった案件は、アイ総合コンサルタントにお任せください。
命を落とす必要はありません。
必ず他の解決策が導けるはずです。周りの人は、SOSに気付いてください!
貴方の一生を、こんな事で終わらせて良いはずはないのです。