脅迫メール

脅迫メール 愛知

東京都世田谷区役所に子どもたちへの殺害を予告するメールが送りつけられた事件がありました。
このメールは、愛知県警の警察官を装ってメール送信されていたことが分かっています。
警視庁は、愛知県警になんらかの恨みを持つ人物の犯行の可能性があるとみて調べを進めています。

 

恨み 脅迫 なりすまし

今月1日、世田谷区役所に脅迫メールが届きました。
「10日午後2時に、できるだけたくさんのガキを殺す!」などという内容の脅迫メールが送りつけられました。
警視庁がパトロールを強化し、世田谷区内の学校でも教員や警備員が通学路の警戒を行う事態になりました。
警視庁の調べによると、メールの連絡先に、愛知県警の警察官とみられる名前が記載されており、愛知県内の警察署のメールアドレスが記されていたことも分かっています。

また愛知県内でも、中学校に対する同様の脅迫事件が起きていたことも分かりました。
警視庁は、愛知県警に何らかの恨みを持つ同一犯の可能性もあるとみて調べています。

 

脅迫相談 怪文書相談

脅迫メールや、怪文書を放置していませんか?
度重なる脅迫メールや怪文書は何らかの意図があって送られることもあります。
怨恨、ストーカーや別れ話、浮気や不倫トラブル、金銭トラブルなど、
また恨みや妬みなどで行われることもあります。
また、何らかの要求が書かれている場合は注意が必要でしょう。
アイ総合コンサルタントへご相談ください。

※無料相談はしていません。