脅迫文 怪文書

脅迫文が届いた!気持ち悪い怪文書の被害

「こんな手紙、いったい誰がこんなものを送ってきたの?」
不可解な手紙がポストに入っていたら、貴方もきっと不安になるはずです。
ご自宅だけではなく、勤務先に直接送り付けられることもあります。社長など上司宛に送り付けられるケースもあります。自宅以外の場合は、怪文書を目にしたものから嫌がらせを受けるなど二次被害が起こる可能性もあります。

怪文書を送った相手には目的がある!解決はアイ総合コンサルタントにお任せください。

会社など勤務先に送り付けられる怪文書には、
・Aさんは、社内の規則を破っている。
・取引先から賄賂をもらっている。
・会社の金を横領している。
・顧客情報を売っている。
・取引先に社内機密情報を流している。
・会社に対する誹謗中傷をしている。
などのような内部告発を意味するような内容であったり、

・スーパーで万引きしていた。
・美人局の被害に遭っている。
・ギャンブルで多額の借金を抱えている。
・駅で痴漢容疑で捕まっていた。
・愛人との二重生活を送っている。
・高校生と援助交際をしている。
・風俗店でアルバイトをしている。
個人的な攻撃を思わせる内容であることもあります。
また、解釈が難しい怪文書であることもあり内容はさまざまです。

怪文書がきっかけで、二次被害が及ぶこともありますので早期解決が望ましいと言えるでしょう。

 

怪文書の相手が推測できる場合は要注意!

怪文書を送り付けた相手が誰だか見当が付いていますか?
推測できる場合と、できない場合があります。
推測できる相手の場合は、トラブルが背景にあることが考えられます。
そのトラブルが解決しない限り、怪文書は出回ることになるでしょう。
怪文書を送り付けると予告されていた場合、または脅されていて放置した結果、被害が出ることになったケースもあります。

また、相手が誰なのか分からない場合は、目的がはっきりしないこともあります。
社会的な恨みを持っていたり、何かの被害妄想であったりすることもあります。

脅迫文や怪文書が届いたら、すぐにアイ総合コンサルタントにご相談ください。
脅迫文はもちろん、怪文書に至っても書いた相手には目的があるはずです。
不正を公にしたい、会社を辞めさせたい、社会から追放したいなど
また目的が送った本人にしか分からないこともあります。
相手は、目的を遂行するために第一歩を踏み出したことになります。
何の対応も取らず放っておくことは、相手の望みをかなえてしまうことになりかねないのです。
どうしてよいのかお困りの方は、今すぐアイ総合コンサルタントにご依頼ください。トラブル解決のプロにお任せください。

 

 

 

脅迫解決 恐喝解決【秘密で解決】