恐ろしい交通事故!

恐ろしい交通事故!

交通事故は、誰でも起こしてしまう可能性はあるのですが、
悪質な交通事故が最近多いように思います。
脱法ハーブを使用した交通事故、以前からも問題になり法の裁きも見直されている飲酒による交通事故。
どちらも悪質なもので、防ごうと思えば防げたはずの事故です。

この悪質な交通事故で亡くなってしまった遺族の方は、今も悲しみに更けているのです。

トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

埼玉市の職員が起こした恐ろしい交通事故!引きづり事件!

先日も、恐ろしい事故が起こりました。悪質な事件でニュースでも騒がれています。

事件は12日午後10時ごろ、埼玉県川口市の県道交差点で起こりました。
警察に「車がミニバイクにぶつかって逃走した。ミニバイクの運転手がいない」と110番通報があったのです。
そして、数分後に約1・3キロ離れた同市神戸の県道で、被害者の女性が見つかりました。
被害者女性は65歳で、胸などを強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認されたそうです。

容疑者が乗用車を運転中に被害者女性の乗るミニバイクに追突し、転倒した被害者を約1・3キロ引きずったのです。
そして死亡させ、そのまま逃走したとしているのだから、かなり悪質です。
追突した際に停車中の軽乗用車にも衝突しています。

容疑者は市の職員で、父親の経営する飲食店から帰宅する途中で、出頭時に呼気からアルコールが検出されたが、「酒は飲んでいない。事故後に飲酒した」という趣旨の供述をしているといいます。

死亡事故!悪質な事件を起こした人の人生は・・・

バイクに衝突した時点で、停まっていれば助かったかも・・・
1キロ以上も引きずる恐ろしさ・・・
大変恐ろしい事件です。

冷静さを欠く状態になる飲酒や脱法ハーブ問題。軽く考えてはいけません。
自分だけではなく、被害者やその家族などの人生を大きく変えてしまうのです。
後悔するだけでは済まなくなります。恨み、辛み、復讐心をうむ行為です。