不可思議 セクハラ 示談

不可思議 セクハラ 示談

大手かつら会社「ア〇ランス」がの元従業員の女性が、セクハラ被害を訴えた問題が公になりました。
この元従業員の女性に対し、なんと解決金1300万円を支払ったと報じられたのです。
セクハラによる慰謝料は100~300万円ぐらいになるケースが多いなか、この金額は大変な破格です。
また、加害者とされた上司の男性は、別の勤務地で働き続けているという不可思議なことが起こっているようです。

 

セクハラしても会社をクビにならない・・・

セクハラの被害に遭っていた女性は兵庫県内の店舗に勤めていました。
大阪市内の店舗の店長だっ男性が従業員の指導のために女性の店舗へやって来ました。
その際に男性は、この女性に対して、
「数字を達成できなかったら彼女になるか、研修もしくは転勤だ」などと発言し、
女性に対し、無理やりキスをしようとしたり、体を触ったりするセクハラを繰り返したといいます。

女性は、警察に被害届を出そうとしたが、会社の幹部からは制止されてしまったと言うことです。
このことから精神的に不安定になり、会社を休職するようになりPTSDと診断されました。
特別休暇扱いになったものの、給料支給を打ち切られ会社を退職したそうです。

女性はア〇ランスに対し、計約2700万円の損害賠償を求めて大阪地裁に訴訟を起こし、
女性と会社が和解しています。男性も解決金の半額650万円を負担することになりました。
また、男性は在職中、女性のいる京阪神地域で働かないという内容も盛り込まれています。

 

腑に落ちない セクハラ問題

解決金1300万円は、労災認定もされていることから、休業損害額などが含まれている可能性もあります。
なので、慰謝料がいくらになるのかまでは分かりません。
金額が大きい事や、加害者が会社を退職していない所、また示談でも公になったところが不思議です。
水面下での解決を望まない何らかの力が働いたのでしょうか。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご相談下さい。
※無料相談はしていません。