パワハラ解決!警察官自殺

パワハラ解決! アイ総合コンサルタント

会社でのトラブルは、経済的な問題も絡んでくるのでなかなか逃げることも難しく、泣き寝入りしている被害者もいます。
パワハラセクハラマタハラなどの問題、イジメ嫌がらせなども複雑に絡んでいるため、一人で悩んでいる方もいます。
アイ総合コンサルタントでは、職場での様々なトラブルを抱えた方から多くご依頼いただいています。
ご自身に起こったトラブルを公にしたくない方からのご依頼も多く寄せられています。
パワハラやいじめ、嫌がらせはどこの職場でも起こります。
公務員や警察などでも起こっています。
人が集まる場所であれば、どこででも問題になるのです。
あなただけではありません。そして、一人で悩む必要もありません。
アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

 

警察官が相次いで自殺!パワハラ問題

福島県警捜査2課の40代半ばの男性警部補が同県南相馬市内で自殺していたことがわかりました。
同課では4月に課員2人が命を絶っていて、今年になってなんと3人目なのです。

警部補は、業務指導のため1人で南相馬市内へ捜査車両で向かいました。予定の午後2時になっても福島市の県警本部に戻らないので、携帯電話をかけてもつながらなかったといいます。
そして同課員らが捜索し、同日午後5時過ぎ、南相馬市鹿島区の山の中で首をつって死亡しているところを発見されました。
近くの捜査車両には遺書があり、上司などにあてて「信頼を裏切って申し訳ない」などと書かれていたそうです。

同課では4月、課員の警部(当時51)が自殺し、上司の警視(当時52)が後追い自殺をしています。県警は6月、警部の自殺はパワハラが一因などとして当時の前捜査2課長(45)を戒告の懲戒処分にし、更迭しました。前課長から、警部は日常的に激しく非難され、担当業務も思うように進められず、同僚に謝りながら死を選んだといいます。

 

 

自殺を考える前に出来ること!アイ総合コンサルタントへご相談ください

トラブルが起きた時に、自分では解決できない事ももちろんあると思います。
誰にでも、苦手なことあるでしょうし、第三者を立てることで良い方向へ向かうこともあります。
当事者だけで解決をしようと試みるのは決して賢明な選択とは言えません。
アイ総合コンサルタントは、トラブル解決のプロフェッショナルです。
まずは、ヒアリングからご依頼ください。
あなたにとって不利益な事も秘密厳守ですので安心してお話しいただけます。
アイ総合コンサルタントは、クライアントの味方です。