飼い犬トラブル

飼い犬のトラブル

ご近所トラブルでも多いのが、飼い犬をめぐったトラブルですね。
臭いや、騒音、糞などの問題も起こっていますが、
小型犬を飼っている方が起こすトラブルも目立ちます。
飼い犬を、子どものように扱い育てているのです。
そして、他人の犬に対して自分の犬と同じような扱いをし噛まれると言ったトラブルが多いのです。
そもそも、犬はいきなり手を出されたら噛むものです。
大きな声を出されたら威嚇もするでしょう。
人間よりもシンプルです。
人に慣れた飼い犬であれば、何もないのに噛むことは想像しがたいのです。

 

飼い犬が人を噛んでしまった

大分県中津市で今月19日、登校中の小学生など7人が犬にかまれてケガをしたことが問題になっていました。

中津市是則の路上で19日、集団登校していた小学生など7人が中型犬にかまれ、軽いケガをしました。
かみついた犬は体長が約65センチ、赤い首輪をした雑種のオスで、約2時間後に捕獲されました。

人に慣れていることなどから飼い犬の可能性が高いとみられていましたが、
中津市内の40代の男性が、「自分が飼い主です」などと警察に名乗り出ています。。

任意の事情聴取に対し、男性は犬の名前などについても話しているということです。
警察は飼っていた状況などを詳しく調べることにしているそうです。

 

飼い犬トラブル ご近所トラブルの解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

子供を噛んでしまった背景はよく分かっていませんが、なにもしない子供に飼い犬が噛むことは考えにくいと想像します。
もちろん、飼い犬を自由に動ける状態にした飼い主の責任はあるものの、子どもたちの犬に対する行動はどうだったのでしょう。
触ろうとちかよったり、騒ぎ立てたり、石を投げたりしていないかなど犬に敵だと認識させるような行動は無かったか確認する必要があります。
猟犬や大型犬に比べると飼いやすい小型犬を飼っている人は、犬としてのしつけが出来ていないことが多く、
犬の本能を知らないまま育てている人は、他の犬に対しても同じように扱おうとする傾向があります。
特に女性は高い声で犬を驚かせがちなので注意したほうが良いでしょう。

近隣トラブルは、些細なことがきっかけで長引くことがあります。
当事者間での解決が長引くほどに難しくなる傾向です。
トラブル解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。