児童ポルノ 自分の子は自分で守る!

児童ポルノ被害 自分の子は守る!

性癖と言うものは、時折恐ろしい事件へと発展することがあります。
被害に遭ったのは、まだ子供・・・
幼いわが子の命を奪った犯人に対し、どのように制裁を行うのか。
日本の法律は、どう裁くのか。
被害者の親が納得できるような内容が、果たして望めるのでしょうか・・・

 

児童ポルノ被害 性癖が事件を起こす!

埼玉県富士見市のマンションで横浜市の2歳男児の遺体が見つかった事件。

児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑で逮捕されたのは26歳の男A容疑者(26)。彼が過去に預かった別の子供の裸などを撮影、保存していた疑いが強まったとして、神奈川県警は週明けにも、同じ容疑で再逮捕する方針を固めたという。

この容疑者はシッターとして預かった子供の裸などを撮影し、自宅のパソコンなどに保存した疑いが持たれている。子供の保護者も画像を確認し、被害届を出したという。

遺体で見つかった男児に対する死体遺棄容疑で逮捕されたが処分保留となったがその後、男児と一緒に見つかった弟に対する保護責任者遺棄致傷容疑で逮捕、起訴され、4月28日には幼児2人の裸を撮影、保存するなどしたとして逮捕されました。

 

性被害と児童ポルノ 性癖が起こす悲しい事件

性癖は誰にでもあるのでしょうが、対象者があまりに幼い児童ポルノや、同意のないレイプ被害は被害者だけではなく周りのものもショックを受けることになります。子どもの被害は親も苦しむことになるのです。

レイプの被害は、行為中の動画や写真を撮影されていることもあり、そのせいで事件を公に出来ない被害者も多く社会問題となっています。
その映像を基に脅されたり、またリベンジポルノ被害のようにネットに流される被害も起こっています。
早期対応と解決が必要です。
水面下でのトラブル解決は、アイ総合コンサルタントにご依頼ください。