児童買春!

児童買春!

的な思考は、金儲けの手段として使われることが多くあります。
幼児、児童、熟女、政治家の問題でも浮上したSMなど、
特殊なものや犯罪的なものは特に高価で取引されていると思わされます。
こういった性的な思考は、一般人だけではなく、教職員や警察官の中にもいるようです。
神奈川県では、なんと驚くことに現役の警視庁警部補が児童買春と関わっていたようで現行犯逮捕されました。

 

児童買春!公務執行妨害の容疑で現行犯逮捕したのは警視庁警部補

刑事組織犯罪対策課の警部補の男性44才が、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されました。

捜査関係者によると、この容疑者は児童買春に関わった疑いで神奈川県警の捜査対象になっていたと言います。そしてこの容疑者に職務質問を行った際に抵抗して暴れたというのです。

警視庁の発表では、今月3日午後9時半ごろ、千葉県の市川市にある漫画喫茶で、捜査員から職務質問を受けた時に、
捜査員を突き飛ばすなどの暴行を加えたとしています。
公務執行妨害の容疑を認めているそうです。
容疑者は宿直明けで非番だったとのことです。

 

児童買春と美人局!未成年に手を出すとこうなる!

児童買春は犯罪です。
児童買春が罪になることを逆手にとってオトナを罠にはめるのが美人局(つつもたせ)でも行われています。
美人局は、男女が共謀して行う昔からある被害ですが、現在も数多く行われています。
ネットやスマートフォンの普及から、この被害の加害者も被害者も低年齢化していると言われています。
未成年が関係する性犯罪は、大人が加害者として扱われることがほとんどです。
特に、美人局の被害は相手が未成年の場合は貴方自身が犯罪者として扱われる危険性が高いので早急な対応が必要です。
美人局の被害に遭ったら、今すぐアイ総合コンサルタントへご相談、ご依頼ください。