不倫や浮気の基準

不倫や浮気の基準・不貞行為とは

一口に不倫・浮気と言っても、その定義は人ぞれぞれの価値観によって異なるでしょう。法律では「本人の意思で配偶者以外の異性と性交渉を行う」ことを不貞行為と定めており、ここでは不貞行為の伴う浮気を不倫と呼ぶことにします。不倫は不法行為ですので、離婚原因としても認められ、配偶者と不倫相手の両者に慰謝料を請求することができます。

性交渉がなくとも、デートやキスだけ、いわゆる浮気でも許せないことでしょう。残念ながらそれだけでは不貞行為とは呼べず、慰謝料請求はできません。しかし、浮気が原因で夫婦関係が破綻してしまった場合には、「婚姻関係を継続し難い重大な事由」に該当し、離婚が認められる可能性があります。

不貞行為があったからといって、即座に離婚・慰謝料が認められるとは限らないため注意が必要です。不貞行為は一度であろうと離婚原因に該当しますが、配偶者に十分に反省が見られ、裁判所が夫婦関係の修復が可能と判断し、離婚を認めないケースもあります。また、別居期間が相当に長いなど、すでに夫婦関係が破綻していた場合には、慰謝料請求が認められないケースもあるということは覚えておきましょう。

浮気・不倫が発覚したら

浮気が発覚したら、まずは相手に何を要求したいかを考えましょう。単なる浮気ではなく、不倫していることが確かな場合、相手に要求できるのは次の3つです。

浮気・不倫をやめさせる

離婚せず不倫相手(と配偶者)に慰謝料を請求する
離婚して配偶者と不倫相手に慰謝料を請求する
浮気をやめさせるだけであれば、単に咎めるだけでやめさせることができるかもしれませんが、もしできなかった場合、より慎重に行動されてしまうので、証拠が集めにくくなってしまいます。また、疑わしいだけで実際には浮気をしていなかった場合は、夫婦関係にしこりを残してしまうかもしれません。これらの要求を行うためには、まず浮気・不倫の証拠を集めることが重要です。

不倫の証拠

ではどのような不倫の証拠となるのでしょうか。単に浮気・不倫をやめさせるだけであれば、二人のメールのやりとりやデート現場の写真だけでも十分かもしれません。しかし、離婚や慰謝料を請求するとなると、不貞行為があったことを示す証拠が必要となります。不倫の証拠となるものの例は以下になります。

二人でラブホテルに入っていく際の写真
二人のメールで肉体関係を前提とする内容のやりとり
本人が不倫を認めた旨の書面
キスやデートでは不貞行為の証拠にならないものの、証拠を補強する材料にはなるため、証拠になりそうなものはすべて保存しておくようにしましょう。

これらの証拠を自身で収集するのは困難なため、探偵社や興信所に依頼するケースも考えられます。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご相談ください。

※無料相談はしていません。