嘘が事実になる!誹謗中傷!

整形失敗で誹謗中傷!

綺麗になりたいあまり、整形に手を出す人は女性だけではなく男性も増えているようです。
整形大国のアメリカや韓国ほどではないものの、
日本国内の美容外科は20年前とは比べ物にならないほど増加しましたね。
駅前には、大手の美容外科チェーン店がビルのいたるところに看板を出しています。
手術が本当に安全に出来るのか不安な位、設備の少ない施設や衛生面で問題がるクリニックもあります。
費用の低価格化や、誇大広告の問題も起こっていますが一番はやはり整形の失敗でしょう。

 

アメリカの女優!SNSで誹謗中傷!

人気恋愛コメディー映画の「ブリジット・ジョーンズの日記」(2001年)などで知られる女優のレネー・ゼルウィガーさん(45)が、約4年ぶりに公の場に登場しました。
しかし、その風貌の変わり果てた姿にツイッターなどのSNSでは「別人」疑惑が浮上したのです。
そして彼女本人が声明を出し、釈明する事態に発展しています。
ゴシップ誌を通じ別人疑惑を「ばかげている」と否定し、「私は幸せで満ち足りた人生を送っており、それが顔に出ている」と訴えました。

彼女のように容貌が激変したスターは少なくありません。誹謗中傷があっというまに拡散して、否定声明の発表にまで至ったケースはこれまでにありませんでした。
噂が瞬時に“真実”として広がっていくネット時代の恐怖を感じる事態だったのです。

 

事実ではないことが事実となる恐怖!誹謗中傷

ネットによる誹謗中傷問題は、日本でも大変多くの方が被害に悩んでいます。芸能人だけではないのです。
この誹謗中傷被害、真実かどうかも分からないまま拡散します。
そして、事実ではないことが事実であるかのごとく認識されしまうのです。
個人や会社、店舗などあらゆるものにおける風評被害は、会社の倒産家庭の崩壊自殺など様々なトラブルの原因になります。
たとえ、身に覚えが無くても起こるのがこの被害です。
ネット情報は、正しいとは言えないことを身を持って知ることになります。

トラブル解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。