偽装結婚 背乗り

背乗り問題 愛知

他人になりすまして結婚するのは、スパイの手口として思い浮かべますが、この手口での偽装結婚が愛知県で摘発されました。
身分証明書などを偽造して他人になりすます「背乗り」は、日本でも現実に行われているのです。
目的はスパイではなく「労働」だと言われていますが問題です。

 

偽装結婚に背乗り 愛知で逮捕

愛知県で他人になりすまして日本人と偽装結婚していたとして、フィリピン国籍の女ら6人が逮捕されました。
電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑などです。
女らは未成年などの理由で、パブなどで働くことはできないが、「背乗(はいの)り」という手口で別の成人女性になりすまして不法入国し名古屋市内の店で働いていたといいます。店は従業員が若いことを売りに繁盛していたという。
また女らは日本人と結婚したとする虚偽の婚姻届を役所に提出した疑いも持たれています。
なりすましで就労の年齢制限をクリアし、偽装結婚で在留資格を取得していた可能性があります。

フィリピン人女性の就労をめぐっては、歌手やダンサーを対象とする興行ビザで来日し実際はホステスとして働くケースが多発した時期がありました。
その後、米政府から「人身売買に当たる」と問題視され、2005年からビザの審査が厳格化されています。
日本国内ではフィリピン人ホステスの需要が高いので悪質なブローカーが後を絶たない問題になっているのです。

 

外国人の結婚相談所トラブル 結婚詐欺被害

結婚相談所を介してのトラブルが増えています。
日本人同士の結婚相談所トラブルの中ではシニア層のトラブルが増えており、
外国人との間では、偽装結婚の問題や結婚した後の金銭トラブルが目立ちます。
結婚相談所には、結婚詐欺師や色物詐欺が横行しているのでトラブルだらけになています。
結婚相談所と言う名の出会い系にトラブルはつきものです。
トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。