強姦 でっち上げ事件

強姦 被害女性 虚偽

強姦、レイプ事件と言った性的な被害は、公にならずに闇の葬られることが多くあります。
親告罪であり、被害者が第三者に自分に来たこととを話すこと自体が二次被害であるとも言われています。
また、公の機関に話すことで知られたくない人にも知られる可能性があり、
泣き寝入りをしている方もいます。
一人で悩む必要はありません。
アイ総合コンサルタントへご相談ください。
秘密厳守をお約束します。

 

強姦 服役 虚偽

大阪地検は、強姦罪などで懲役12年が確定し服役していた男性について、有罪の決め手となった被害者らの証言がなんと虚偽だったことが明らかになりました。
この事態を受けて、刑の執行を停止し、釈放したと言います。
冤罪であった男性は約3年半服役していたのです。

男性の再審請求を受けた地大阪検が再捜査したところによると、被害者や目撃者が「判決で確定した事実は実際にはなかった」などと事件が不確かなものであることを明かしました。
検事は記者会見で「無罪とすべき明らかな新証拠に当たると判断した。こういう結果になり遺憾だ」と話しました。
しかし、服役させられた男性への謝罪や捜査の問題については「再審請求審に適切に対応した上で判断したい」と述べるにとどまっています。

過去にも冤罪で釈放されたのは、
2009年の「足利事件」があります。

 

でっち上げ事件 強姦 レイプ

美人局や、でっち上げられた痴漢や性犯罪の解決は容易ではないでしょう。
真剣に解決に向けて取り組まなければ、このような冤罪事件に巻き込まれてしまうことも事実起こっています。
トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼下さい。

 

※無料相談はしていません。