流行りのシェアハウス

テラスハウス

男女の日々を記録したリアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビ系)でも注目を集めたシェアハウス。クリエーター志望向け、子育て支援付き、音楽スタジオ完備など、さまざまな“目的別シェアハウス”が生まれていますが、語学習得を目的にシェアハウスに移り住む日本人は相変わらず多いですね。外国人留学生と日本人学生が共同で生活する学生寮を用意している大学もあるので学生たちに好評だといいます。

2000年代

シェアハウスはじわじわと普及していたのですが、2011年頃から大手不動産会社が大型シェアハウスを建設するなどして一気に拡大することとなりました。近年では企業が手放した社宅や社員寮をシェアハウスとして活用する動きも多く見られる。国土交通省が昨年7月に発表した調査によると、シェアハウスの利用者は20代から30代が中心。20代だけで6割を占めています。

人気が集まる反面、さまざまな問題もあるのも事実です。

消防法や建築基準法に違反している“脱法シェアハウス”と呼ばれるものもあるためシェアハウス選びは慎重に行わなければなりません、そのうえ他のメンバーの身元が不確かなこともあり、ハウス内メンバー間でトラブルが起こることもあるのです。「安いから」「面白そうだから」「はやっているから」と、勢いで決めないよう注意が必要だと思います

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご相談ください。

※無料相談はしていません。