男子高生にわいせつ!

高校生にわいせつ!

わいせつな行為、性被害の被害者は女性だけではありません。児童ポルノの問題も女児だけではないのです。
男性も性被害の対象となります。男性の性被害は、女性の被害者よりも泣き寝入りが多く、なかなか相談出来ない現状があるようです。

 

17歳男子高生にわいせつ行為! 自動車販売会社社長を逮捕

茨城県警つくば中央署と県警少年課は、男子高校生(18)にわいせつな行為をしたとし、
県青少年健全育成条例(みだらな性行為等の禁止)違反の容疑で、自動車販売会社社長の66才の男を逮捕しました。
調べに対し行為は認めており、「18歳だと思っていた」と主張しています。

今年7月26日、つくば市内のホテルにおいて、当時17歳だった男子高校生が18歳未満であると知りながら、
下半身を触るなど、わいせつな行為をしたという容疑が持たれています。8月に被害者少年と家族が警察に相談に訪れ、被害届を提出して発覚したようです。

 

恥ずかしい性被害 水面下での解決

性被害は、男性女性ともに表に出したくない被害です。この問題を公にしたい人はいないのではないでしょうか。
未成年を対象とした性思考や、同性に対する性の思考はより被害者に心の傷を与えるものとなります。
警察に被害届を出し被害を公にしたくないと言う被害者がほとんどで、水面下での解決を希望しているのです。

アイ総合コンサルタントでは、秘密厳守でお喜びの声を頂いております。警察のOBをはじめトラブル解決のエキスパートにごいら下さい。
性犯罪を公言しないように、撮影されて脅されているケースもあります。泣き寝入りせずに解決に向けて取り組みましょう。